くま治療やIPL、脱毛で自分磨きしちゃいましょう!|Stay Healthy

第一印象に関わるくま

様々な方の顔のお悩みになりうるくま。くまは、第一印象をとても大きく変えてしまうため、現在悩んでいるという方も多い事でしょう。しかし、くまは様々な種類があり、種類によって治療の仕方が変わってきます。まずはご自分にあるくまの種類を把握し、きちんとくま治療を行ってくれるクリニックを探しましょう。

くまのお悩みQ&A!

なんか青っぽいきがします

くまが青く感じるのであれば、それは血行不良や寝不足から起きる青くまの可能性があります。コラーゲンを再生を促してくれてくまを改善してくれるジェネシスといった施術などがおすすめです。

なんとなく色素が沈着してる気がします

茶色っぽいくまは、茶くまと呼ばれるくまの可能性が高いです。茶くまの原因は色素沈着。ですので、ジェネシスといった施術や、外用薬などがおすすめの治療のようです。

とてもくまのせいで老けて見えます。

たるみの影響でより老けて見えてしまうくまの事を黒くまと言います。黒くまは、加齢によるたるみが原因ですので、オススメの治療方法としては、ヒアルロン酸注入などが挙げられます。

原因は寝不足だけじゃない

目元

疲れが溜まったり睡眠不足になったりすると目の下が青黒くなる事があります。他人からくまができていると指摘されて身体を心配された経験のある方も少なくないのではないでしょうか。一般的にくまというと、このような疲労によるものを連想しますが、実はそれ以外にもいくつかの原因により別のタイプのものができる事があります。くまは全部で3種類あり、色で判別する事ができます。先述の疲労によるものは青クマと呼ばれます。疲れや寝不足によって起きた血行不良が原因となり静脈が透けて見えているのでこの色になります。他には黒クマ、茶クマがあります。黒は皮膚のたるみで瞼に影ができている状態で、茶色は色素沈着です。色の他に、瞼を引っ張ってみても識別できます。軽く引っ張ってみてくまが動かない場合は青クマ、動く場合は黒クマもしくは茶クマです。

実は病院で治せる

くまができているのを見つけると疲れや睡眠不足を自覚します。しかし、1日や2日くらい休息を取ったからといって簡単に解消されるほど単純なものではありません。瞼の皮膚は人の身体の中でもっとも薄いため、様々な症状が現れやすく、よくなってもすぐに再発してしまいます。また、疲労以外にも目をこすったり、化粧をしたりなどの生活習慣がくまに直結するので非常に厄介な存在なのです。意外と知られていませんが、くまは美容クリニックで治療をうける事ができます。レーザーや光治療、注射などが一般的です。他には内服や外用薬での治療もあり、それらを併用することでくまを解消させます。治療内容は青クマ、黒クマ、茶クマと種類によって異なります。どのような治療が選択された場合も大きな痛みが生じるようなものはなく、ダウンタイムもないので治療後はすぐ通常の生活が可能なため、最近はエステをうけるような感覚で気軽に治療をうける女性が増えています。

広告募集中