美容整形を行う前にやっておく事【複数機関で相談】|Stay Healthy
HOME>Topics>美容整形を行う前にやっておく事【複数機関で相談】

目次

クリニックの探し方

注射器

美容整形外科クリニック等の美容医療を提供する機関は、その大多数がホームページを作成しています。全国各地にあるクリニックから、最寄りのクリニックを検索する事もできます。SNSの発展に伴い、情報はネットで取得できる様になりました。特徴や経路といった必須事項も網羅されているので、クリニックを探す場合はネット一択と言えます。

何を基準に選ぶべきか

カウンセリング

美容整形外科クリニック等はネットで検索するとすぐにヒットします。数も多いので、その中から自身に合った場所を探す事になりますが、自分に合うかはその情報だけではわかりません。必ず複数機関を比較する事がリスクを減らしたり希望を叶えたりする近道です。美容整形は1日だけで終了するものではありません。その為、通いやすさや通える範囲にある事は基準の1つです。そして外してはならないのが、自身が希望する美容医療について、そのクリニックが得意としているかです。扱っているのだけでなく、十分な症例数をこなしているかが、医療ミスを避ける為には必須の基準です。

必ず複数機関で面談を

美容整形も医療なので、施術は医師が行います。しかし医師だからといって免許を持っている方が全て同じとは限りません。美容医療は医師の腕によって結果が左右される分野である事を理解しておく必要があります。美容医療を受ける際には、どのクリニックでもカウンセリングが行われます。カウンセリングは言わば医師との面談であり希望を伝えたり治療の方針について一緒に検討したり疑問を払拭する場です。医師によって見解や提案する治療内容が異なる事はよくあるので、それが最適かは自身で判断する事は困難です。言われるままにならぬ様に、他の医師の見解が選択の際に重要です。

面談と施術医は要確認

美容整形を受ける場合は、面談が行われて医師と治療について擦り合わせていきます。複数機関と比較し、信頼できると判断してそのクリニックに決めた後にも必ず確認しなければならない事があります。それは面談した医師と施術医が同じか否かです。クリニックには複数人の医師が在籍しています。自身が経験も症例数も十分信頼できると判断した医師が、面談だけで施術は若い医師に任せる場合もあります。医療は経験が必要な分野であり、育成の為に任せる事はよくあります。しかしそれを自分で行う必要はないので、しっかりと確認したり、自身の意思を伝えたりする事が大切です。

広告募集中